プライベートファンド

プライベートファンドの可能性

今回のIEOに関する説明の中で、よくプライベートファンドという言葉が出てくるようになりました。

私たちは、これまで単にファンドと呼んでいただけなので、

プライベートファンドと言われても、ファンドのことでしょ?

と考えてしまうかもしれません。

ですが 今まではファンドと言えば共有ファンドのことを指していました。

今後は、プライベートファンド共有ファンドが存在するので、それを明確に分けて解釈する必要があります。

共有ファンドとプライベートファンド

普段私たちが見慣れている共有ファンドは以下の画面です。

デイリーレポートに出てくる共有ファンドですね。

このファンドに貯まった資金を活用して、XEXの買い上げを行っています。

共有ファンドは、下の円グラフ左下の20%部分で流通しないXEXです。

プライベートファンドは、円グラフ右側50%の流通XEXの部分に存在するようになります。

右側の説明をよく読んでみると、現在流通のXEXを取得。とあります。

まずマイニング済みXEXが約13億5千万枚です。

それに対して、流通しているXEXは、約4億6千万枚です。

プライベートファンドが1億枚のXEXを取得するということは、この流通している4億6千万枚に対しての占有率が21%になるということです(*゚▽゚)ノ 

流通量の約1/5以上をプライベートファンドが占める・・・

このインパクトは非常に大きいといえます。

さらに凄いのは、

1億XEXはそのままではありません。。増殖していきます。

どういうことかというと・・・

1億枚のXEXに80%の配当が入り続けます。

その配当から継続的な買い上げを行い続けます。

つまり、ずっと複利運用し続けるようなものです。

増殖したところから買い戻し→増殖→買い戻し→増殖と繰り返され、占有率が加速度的に増していきます。

尚且つ、永久ロックです! キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

ということは・・・

決して売られることのないXEXの割合が増えることになり・・・

流通できるXEXがどんどん減り・・・

1枚あたりの価値が上がり続けるということです♪

さらにさらに、

このプライベートファンドは、XEXのみならずXCRまでも配当から買い上げていくとのことで、XCRの価格上昇にも寄与してくれる超優秀なファンドなのです!

最終的には、私たちユーザーとプライベートファンドによるXEXとXCR占有率の奪い合いになること間違いないですね!

プライベートファンドの可能性恐るべし・・・

今でどう動くかは私たち次第です (๑✧∀✧๑)

クロスエクスチェンジ~まとめ~

新規口座開設から自動マイニングまで

ABOUT ME
kei-cross
2014年12月から暗号通貨投資家として活動を開始。 2015年1月から取引所でのトレードや新規ICO案件に参加し暗号通貨で財産を増やす。 現在はその一部をクロスエクスチェンジの独自トークンであるXEXのトレードや自動マイニングに充て、安定的な収入源の確保を実現。