CROSS exchangeとKoindexの最新の進捗状況とレポート9/3(日本語訳)

宇原CEOの最新ブログの翻訳です。

 


宇原です。

イーサリアムの送金コストが上がってますね。

各取引所、今のERC系トークンの送金問題には頭を抱えていると思います。

いろんな取引所がしびれを切らして送金手数料を上げています。

他社の話になりますが、業界をリードしているBinanceもKoindexのUSDT送金手数料が15USDTに上がった次の日に、同額の15USDTに上がっていました。

ERC系トークンのトランザクションを確認するとわかりますが、現在は毎回10〜20ドル以上の送金手数料がかかります。

取引所がこれを負担し続けるのは限界がありますので、各取引所が手数料のアップに踏み切るしか無い、という状況です。

高いし、詰まるし、いいことないです。今は不要不急のERC系トークンの送金は控えて、送金手数料の高騰が落ち着くのをまったほうがいいです。

 

今日はまず、CROSSexchangeについて。

8月に終了したマイニングに関して、残り枚数(1,532,784,191.16 XEX)のBURNが完了しました。まもなく公式発表されます。

これは今後、XEXが新規発行されないことを意味しますので、市場への供給は今後ありません。

回収されるごとに希少価値が上昇します。

また、KoindexのXEXDayが終了しましたので、プレマイニング時から使用されたトータルのXEXがKoindexからシステム利用料としてCROSSexchangeに支払われ、CX FUNDに充填されます。

かなりの枚数のXEXが市場から回収され、流通量が大きく減りました。

枚数などの詳細は公式からの発表をお待ち下さい。

今後もXEXDayは不定期で開催される予定です。

CROSSのプロジェクトは時間はかかっていますが、日々起こる問題をクリアしながら確実に前進しています。

新しい発表を楽しみにお待ちください。

 

P.S 最後に、Koindexに関してですがおまたせしていた板取引の開始は最終チェックを行っていて、問題なければ今週中にリリースされる予定です。

大手のリクイディティプロバイダーが複数接続されていて、板の厚みはかなりしっかりしていると聞いています。

それではまた。

宇原


【考察】

送金手数料については、流動的に変更があるので安くなるのを待っていた方が良さそうです。

XEXについては供給がなくなり、確実に流通量が減り続けていきますので希少価値向上の効果がじわじわと効いてくるでしょう。

LPも複数の接続で流動性を確保しているようで、今週中にはリリースとのことですから楽しみです♪