取引マイニング

取引マイニングとは?~マイニングとの違い~

マイニングとは・・・

CROSS君

keiさん
お友達にね、
クロスエクスチェンジで取引マイニングしたらXEXを130%分獲得できるよって教えてあげるんだけど、
伝えている意味がよく分からないって言われるんだ。そもそもマイニングって何?って。どうしたらいい?

kei

そうだね。
マイニングっていう言葉そのものの意味が分からない場合はピンと来ないかもしれないね。

CROSS君

うん、そういえば僕も
マイニングって何?って聞かれたらうまく答えられないや。

kei

一般的なマイニングと、取引マイニングの区別も必要だから、
そこも含めて一緒に考えてみよう!

CROSS君

お願いします!

kei

まず、
マイニング(採掘)は、
何かの労働に対してその対価を得るものだね。
だから報酬を得るために何かしらの働きをしていると言えるんだよ。

kei

はじめに一般的なマイニングについて説明するね。
クロス君、暗号資産には発行枚数があったよね。

CROSS君

あ、分かる!ビットコインは2100万枚!

kei

そう、コインマーケットキャンプを見てみると、
発行枚数が一覧で見ることができるよ。

https://coinmarketcap.com/

CROSS君

ほんとだ!発行枚数が表示されてる!

kei

コインマーケットキャップを見てもわかるけど、
ビットコインだと、2100万枚の発行枚数で、
現在1748万枚掘られているね。

kei

今まで1748万枚が新規発行されてきたからビットコインの希少価値は上がってきたんだね。

CROSS君

うんうん、
それはよく聞いたことがある。

kei

この新規発行をするための仕組みが
一般的なマイニングと取引所で行われる取引マイニングでは違うんだ。

kei

一般的なマイニングでは「ハッシュ関数」っていう関数を計算して回答を出す必要があって、
それを最初に解いた人のところに報酬が支払われる仕組みになっているんだ。

CROSS君

問題を出されて答えたら報酬?
なんだかテストみたい!

kei

そう、その問題の答えを当てることで、
新規発行に必要なブロックが生成される仕組みになっている。
クロス君、
ブロックチェーンの仕組みはすぐに説明できる?

CROSS君

うーん・・・
聞かれたらうまく言えないかも・・・

kei

まずブロックとは、
お互いに送金し合った取引履歴(トランザクション)をまとめたものだよ。

kei

クロス君から僕に送金したとしたら、
そこに取引が発生する。それをまとめたものがブロック。
世界中のたくさんの人たちの取引が10分単位くらいで一つのブロックにまとめられていて、その中の取引数は4000件と言われているよ。

kei

下のサイトは世界中のブロックチェーンの動きを視覚化したものだよ。

kei

クリックしたらそのサイトで直接動きが見れるから面白いよ!

CROSS君

ほんとだ!上から下に落ちてくる!面白ーい!!

kei

この一つ一つのブロックを作るために
さっきのハッシュ関数の問題を解く必要があるんだ。
そして問題を解いた人にビットコインが報酬として支払われて、
ビットコインが「新規発行」される仕組みになってるんだよ。

CROSS君

なるほど!
問題を解くごとに新たなブロックが出来上がって、
ビットコインが「新規発行」されることをマイニングって言うんだね!

kei

そういうこと!
あとはそれが過去の履歴と鎖のようにつながっていくから・・・

CROSS君

ブロックチェーン!

kei

そう、これでブロックチェーンが理解できたね。
一般的なマイニングはこんなイメージだね。

取引マイニングとは・・・

kei

じゃあ次に取引マイニングに移ろう。
クロスエクスチェンジの独自トークンXEXの発行枚数は何枚だった?

CROSS君

100億枚!

kei

そうだね!
これからその仕組みについて一緒に考えてみよう。

kei

マイニングは、何かしらの仕事に対しての報酬だったね。
クロス君、取引マイニングは何がその仕事に当たると思う?

CROSS君

うーん・・・
トレードをすることかな?

kei

その通り!
ユーザーがその仕事に当たるトレードをするんだね。
取引所の取引手数料は何%かな?

CROSS君

0.1%だよ♪

kei

そうだね。
例えば10万円の初期投資で
90日ロックでマイニングをスタートした場合、
1回のトレードで0.1%に当たる100円の手数料を支払って、130円分のXEXを手に入れることになるんだ。

kei

手元には99,900円分が残っている計算になるね。
同じように2回目のトレードでは
99900円分をトレードして0.1%の手数料を支払う。
その手数料に対して130%分のXEXが払い戻される。

kei

これを繰り返すと次のイメージになるよ。

kei

トレードを自動で何度も繰り返し行うことで、
初期投資の10万円がすべてマイニング費用として使われて0円になった後、
10万円の130%分に当たる13万円分のXEXを手に入れたことになる。※90日ロックの場合

CROSS君

ほんとだ!分かりやすい!
初期費用の10万円がだんだんと減っていって、
その代わりに13万円分のXEXに変わっていくんだね!

kei

そう、これが取引マイニングの仕組みだよ。初期投資で暗号通貨をマイニングに充てることでXEXを新規発行しているんだね。
クロス君、これで一般的なマイニングと取引マイニングの違いが分かったかな?

CROSS君

うん、よく分かった!
取引することによってXEXを新規発行する仕組みのことだね!
でも取引マイニングをしている取引所って他にもあるの?

kei

もちろんあるよ。
だけど他の取引所とクロスエクスチェンジが大きく違うところは、
ロック期間があることだね。(90日、60日、30日)

kei

しかも今はなんと!
取引所全体のロック比率が87%を超えてるんだ。
つまり多くの人がXEXを長く保有して毎日の配当に充てたいって考えているんだね。
しかもそのほとんどが90日を選択している。
そのことによって取引所の独自トークンXEXが極端に売られてしまう事ないんだよ。(90日、60日、30日)

kei

だからほら、取引所を見てみて。XEXが売られるどころかすごく安定しながら上がっている様子が分かるね!

CROSS君

おぉ!ほんとだ!安定しながら上がり続けてる。クロスエクスチェンジってすごい仕組みなんだね!
安心してXEXの枚数を増やせるよ!
keiさん、ありがとう!

口座開設はこちら↓

ABOUT ME
kei-cross
2014年12月から暗号通貨投資家として活動を開始。 2015年1月から取引所でのトレードや新規ICO案件に参加し暗号通貨で財産を増やす。 現在はその一部をクロスエクスチェンジの独自トークンであるXEXのトレードや自動マイニングに充て、安定的な収入源の確保を実現。